記事の詳細

終活と聞くと、遺言書の作成以外にもエンディングノートの作成が一般的に認知されてきていますが、それに次ぐ新しい残し方として「エンディングムービー」も注目を集めています。

この「エンディングムービー」とは自分の生きた証を書面だけで無く、生の言葉と笑顔で家族・友人への感謝や、これからの抱負などを残す事が出来る映像の事です。
撮影場所や何を映像として残すのかは自身で決められますから、自分らしさを存分に発揮出来るのが特徴でしょう。

またムービーである事の特徴を活かし、思い出の写真だけでなく、昔撮影したホームビデオなどを一緒に使用する事が出来るのも魅力となります。
昔からの友人や家族に出演してもらう事も出来るので、新たな思い出の一つとして用意するのも良いですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    ページ上部へ戻る